2人の後姿がイイです


by haru-syuu-fuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この夏のお仕事

「そうだそうだ!カブトムシさんのお世話しなくっちゃ!」

毎朝、haruは必ず自分からこんな風に言って、
カブトムシのエサをあげています。

先月、私の実家に帰った時、
5匹のカブトムシと1匹のクワガタをもらってきたのです。
私の実家は、超超イナカなので、
家の周りにカブトムシがたくさんいます。
虫かご?を持っていって、
予想以上にたくさんのカブトムシを
いろんな人からもらってきました。
(イナカの良さで、近所の人がどんどん持ってきてくれました・・・)

「カブトムシさん、たくさん食べてね~」
c0109970_22423515.jpgそう言いながら、
人間が食べられそうなおいしそうなゼリーをあげてます。
イチゴ・メロン・オレンジ・・・いろいろあるんですね。
私が小さい頃は、
カブトムシにはスイカ!だったんですけど。
私だけ?


もらってきた時には、
計6匹いた我が家の小さなペットたち。
今は3匹になってしまいました。

生き物ですから、
死んでしまうのはしょうがありません。
死んでしまった時は、
haruと一緒に庭に埋めてあげます。

「カブトムシさん、また一緒に遊ぼうね」
死を理解するのは難しいとは思いますが、
haruなりにきっと何かを感じてくれてるんじゃないかと
勝手に思ってます。

今年はharuが1人でお世話していますが、
来年の夏はきっと、3人で取り合いながらお世話することでしょう。
虫かご3つ?カブトムシは何匹になってしまうのでしょうか・・・。
楽しみでもあり、不安?でもあり・・・。です。

さあ、これからがカブトムシの活動の時間。
夜はドアを閉めていても
カブトムシのカサカサする音や飛ぼうとする羽の音が
寝室に聞こえてくるのです。




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-09-07 22:44 | haruのこと