2人の後姿がイイです


by haru-syuu-fuu
カレンダー

<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最近思うこと。

最近テレビを見ていて思ったこと。

もし、我が子が誰かに殺されたら・・・。

考えたくはないことですが、今の世の中、
悲しいことに、100パーセントないとは言い切れません。

もし、そんなことが起きたら、
やっぱり、普通の精神状態ではいられないでしょう。
本当に気がどうかしてしまうと思います。
もし、家族4人を失って、自分ひとりになってしまったら・・・。
とても前向きに生きることはできないでしょう。

自分も後を追ってしまうかも?
心を閉ざしてなんとか生きていくかも?
誰かを恨むことで、怒りでなんとか生きていくことができるかも?

わかりません。
想像もつきません。
想像したくもありません。

家族がホントに大切で、
今の私には家族が全てと言っても良いです。

だから、だから・・・
悲しいニュースを見ると、
それが子どもに関係していることだと余計に
悲しいし、腹もたちます。
もし、自分だったら・・・と考えます。

子どもを産むまで、
自分よりも大切で、自分の命に代えても守りたいものが本当にあるなんて
思ってもいませんでした。

今は、この3人を自分の命に代えてでも
絶対に守っていかなくてはいけないと思っています。

物騒な世の中、
そして、自然災害だって何がいつ起こるかわかりません。

haru、syuu、fuuの笑顔を守っていけるように、
私に出来ることを一生懸命やるしかない。
そう思います。

そして同時に、
世の中の、ごく一部の人の、勝手な思いによる、
理不尽な事件がなくなって、
悲しい思いをする人が居なくなって欲しい。
本当にそう思います。
大人は、親は、
子どもを守っていかなくてはいけないもののはず・・・。




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-30 20:51 | ママのこと

床屋さん

2ヶ月に1度位、ママは床屋さんに変身します(笑)
というのも、haruが美容院へ行くのをすごく嫌がるんです。

1歳になったばかりの頃、初めて連れて行ったときは、
子供用の真っ赤なスポーツカーになっている椅子に座って、
ご機嫌で切ってもらっていました。

その次に連れて行ったときは号泣。
私が抱っこして、押さえ込んで?切ってもらいました。

3回目は、「泣いてる子は切れないことになったんです」
と断られました。
なんでも、泣いて暴れる子にハサミを向けるなんて・・・と苦情があったとか。
ウチの子のことですかね・・・。
多少傷が出来ても10分くらいで切ってもらえるなら
是非おねがいしたかったです・・・コレ本音。

そういうわけで、家で切らざるを得なくなってしまいました。

でも、起きてるときに切ろうとすると、やっぱり抵抗。
暴れて素人にはとても無理なので、
お昼寝している間に、ジョキジョキ切ってました。
(haruは寝てしまえば、ちょっとのことじゃ起きないので。)

でもでも、2歳半で昼寝をしなくなり、
考えた末、haruを説得して、
お風呂に入る前に、お風呂場で切ることにしました。

最初は怖がっていたharuですが、
痛くないことがわかって、
さらに「カッコイイ!」と褒めてもらえる喜びを知って、
切らせてくれるようになりました。

2,3日前も夏仕様の髪型にしました。
汗をかいてかゆそうだったので、
全体的に短めに・・・。

私もだいぶ慣れてきて、
たいして時間もかからずに
まあまあ見れる髪形に仕上げられるようになりました。

こうなったら、3人とも、
本人達が嫌がるまで、母が切ろうと思ってます。
節約?コミュニケーション?

パパも「俺も切って欲しい」とよく言いますが、
さすがに切れません。
大人を切るのは勇気がいります・・・。
もう少し上達してから・・・ね。




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-29 20:49 | haruのこと

収穫!

とうとうミニトマトができました!
c0109970_19525884.jpg
haruとお世話すること1ヶ月ちょっと。
やっと真っ赤に色づき、
今日、収穫してみました。

「あ!獲れた!」
haruはうれしそうに声をあげながら収穫。
まだ2個しか赤くなっていないので
今日は2個。
大事に大事にとりました。

夕食の時。
「トマト、半分こして食べようね。1個はパパにあげようね。パパびっくりするかなあ!」
と大興奮のharu。
小さくしてお皿に乗せてみました。

「ママ、先に食べて!」
というので食べてみると、甘くてすごくおいしくてビックリ。
「甘い!スーパーで買うのと違うよ!」
そう言うと、haruも口へ・・・。
でも・・・
「ダメだ~・・・甘くないよ~!」
と言って出してしまいました。

ホントに甘かったんだけどなあ。
haruの食育大作戦。
今日は失敗に終わりました。

でもきっと収穫の喜びは味わえたはず。
まだまだトマトはできるので、
一口でも食べてもらうのがママの目標です。

c0109970_200019.jpg
実は、黄色いトマトももうすぐ収穫できそうです。
黄色いミニトマト。(ホントに黄色です)
どんな味がするんでしょうか?

家庭菜園もプランターでやる程度ならなんとかなりますね。
かなり楽しいです。




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-28 20:02 | haruのこと

初めての・・・

木曜日の夜中。
fuuにおっぱいをあげようと抱っこすると、体がものすごく熱くなっていました。
寝るときは元気いっぱいでキャーキャー遊んでいたのに・・・。

熱を測ってみると38.3度。
初めての発熱。
息は少し荒いものの本人はいたってご機嫌。
ニコニコして遊んでいました。
ほかに風邪の症状も見当たらないので、
これは突発性発疹がとうとう来たぞ!なんて思ってました。

翌朝、熱は37度前半に下がり、
夕方には平熱になりました。
その後もあがることはなく、
そして、未だ発疹もでてきません・・・。
風邪だったのかなあ?

そして、fuuの熱が下がってきた金曜日の夕方。
今度はsyuuが発熱。
夜中には39.7度まであがり、さすがに苦しそうでした。
でもsyuuも翌日のお昼には熱が下がり、
やっぱり発疹も出てきません。

先週末の私の謎の熱がうつったのでしょうか?
それとも風邪?
それとも突発性発疹?

3人の幼子を持つ私としては、
今回が突発性発疹であって欲しい・・・。
熱が出てもすぐに病院と言うわけにはいかないのです・・・。
3人連れて病院と言うわけにも、
パパに仕事を休んでもらうわけにも行かないのです・・・。
だから今回が突発性発疹だったらどんなにありがたいか・・・。

突発性発疹でも、熱が出ないで発疹だけの子、
熱だけの子、発疹が少しの子、全身に出る子・・・
本当にいろいろ居るらしいので、
もう1度熱が出るまでは、
突発性発疹だったと思っておくことにします(笑)

それにしても、
haruの初めての熱の時は、
パパと二人でアタフタとしたのですが、
今回はもう慣れたもの?で、
かなり冷静に対処できました。
結局病院にも行かなかったし・・・。
良くも悪くも経験って大事ですね。

そんな双子は今日も元気いっぱい。
熱があったのは夢?と言うくらい元気に騒いでおりました。




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-24 20:01 | syuuとfuuのこと

育ってきました

c0109970_21345442.jpg
haruと一緒に育てているミニトマト。
緑色の実がいくつもできてきました。
毎日水をあげながら、
「トマトさん、赤くなったら食べれるんだよ」
と、haruも赤くなるのを楽しみにしている様子。

ナスもやっと花が咲いたので、
きっと実をつけてくれるでしょう。

暑い中、毎日水をあげるのは
結構大変です。
しかも、syuuとfuuが同時に寝ている時間しか外に出られないので、
その一瞬を逃さないのはかなり大変です。

でも、haruにスーパーで売っているトマトではなく、
実際に育っているトマトを見せられるのが
とても良い経験だし、
私も楽しんでるので、
頑張ってます。

早く赤くならないかなあ!
おいしくなるかなあ・・・




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-19 21:43 | haruのこと

謎の・・・

先週水曜日あたりから、
なんとなく体が重かったり、
夜、みんなが暑がってるのに、私だけ鳥肌が立って布団に潜ってたり・・・。
そんなことが続いていました。

でも、自分の事を気にしている暇はないし、
ちょうどfuuが、夜、眠りが浅くて何度も何度も起きていたので(プチ夜泣き?)、
寝不足だろうと思っていました。


土曜日。
寝るときやっぱり寒くて、夜中に何度も目が覚めて、
寒いのに体がポカポカしていて・・・。
念のため熱を測ってみました。

38.9度。
熱があったのです・・・。
気付かなかった私っていったい・・・。
咳もクシャミも鼻水も、関節の痛みも全然なかったので、
熱があるなんて思ってなかったのでビックリ。

これは夜のうちに気合で治さなければと、急いで解熱剤を飲みました。

syuuとfuuにおっぱいをあげているので、
市販の風邪薬を飲むわけにはいきません。
出産後、病院で「どんな痛みにも効くから。授乳中でも大丈夫だから。」
そう言って、お守りのようにDrがくれた薬を飲みました。(ありがとう!センセイ!)

おかげで日曜の朝にはすっかり元気に。

でも午後からまた熱が出ていた感じで(測ってる暇はないので・・・)、
夜もう一度解熱剤を飲みました。


今日は、ほとんど復活です。


それにしても何だったんでしょう?
この高熱は・・・?

そして、私ってナゼ気付かなかったんでしょう?
たぶん、3日くらいずっと熱が出ていたのに・・・。

出産を経験してから、
ホントに痛みに強くなったと言うか、鈍感になったというか・・・
そんな気がします。

どんな痛みも、「出産に比べれば全然平気!」と思えてしまう自分。
母親ってこうして強くなっていくんですね。
・・・というより、強くならざるを得ないですよね。
母が倒れたら、子供たちのお世話は誰がするの?ですもの。
主人にお願いするにもやっぱり限界があって、
主人は「ママ」にはなれないんですよね。
これがうれしくもあり、辛くもあるところだったりもして。

そう思えば思うほど、
そして子供たちの顔を見れば見るほど、
倒れている場合ではない!と病気を吹き飛ばすのです。

ちなみに、38度あったらフラフラで何も出来ない主人は、
今回の私にとても驚いていました。
男の人って痛みに弱いって聞きますからね。
実際、主人は38度出ると、子どもの世話はせず、
ひたすら寝てますから・・・(笑)

そんな驚きの?週末でした。
(子供たちにうつらなくて良かった~・・・。
 熱だけで良かった~・・・。)




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-18 21:41 | ママのこと

大好きな本

先週末、某大型スーパーにみんなで行ってきました。

目的は、その中にある「子ども図書館」に行って、本を借りるため。

子どもの人数分×3冊、本が貸していただけるので、
syuuとfuuが産まれる前は、haruとよく出かけて、
いろいろな種類の本を借りていました。
子どもの好みはなかなかわからないので、
とりあえずいろいろ借りてみて、
本当に気に入ったものがあったら、
本屋さんで買うようにしていました。

久しぶりの図書館。
haruは覚えていたらしく、
入り口にある大きなぬいぐるみの手を握ってあいさつして、
本棚から好きな本を選んで、
自分で椅子に座って真剣に読み始めました。

パパにsyuuとfuuの相手をお願いして、
その間、私はharuの興味を持ちそうな本をいろいろと物色・・・。

c0109970_20223771.jpg

結局、syuuとfuuのカードも作って、
6冊の本を借りてきました。

トマトを育ててるので、トマトの本。←何回か見ておしまい。
毎日庭で虫を見つけては何やら言ってるので、虫の本。←結構気に入ってます!
消防車の本。←自分の消防車のおもちゃと比べてます。
電車の本。←ずーっと見てます・・・

あとの本は・・・
私がむなしく読んでます(笑)

1日中持って歩いてるほど気に入ってる電車の本は、
電車を見る以外にも、活用法があるようです。
syuuとfuuに読み聞かせたり(本人なりに面倒を見ているようです・・・)、
「は」と「る」の字を見つけては、
「haruの『は』だ~!」
と叫んだり・・・。

楽しそうで何より。

来週末には返しに行くので、
また他の本をいろいろ借りて、
チャレンジ?していこうと思います。

電車好きはいいんですけどね。
他のものにもいろいろ興味を持って欲しい親の欲・・・です・・・ね。




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-15 20:30 | haruのこと

お楽しみ

今日は、haruのお友達の女の子が遊びに来てくれました。

朝、haruに、
「今から○○ちゃんが遊びに来てくれるって」
と言うと、
「ママ~、○○ちゃん、お菓子持ってきてくれるかなあ・・・」
と一言。

そう言えば・・・
2週間くらい前に遊びに来てくれた時は、
お母さんと一緒にマドレーヌを焼いて来てくれたのです。

haruはそれを覚えていたらしく、
そんなことを言いました。

そういうことって覚えてるんですね。

「今日はわからないけど、今日○○ちゃんに、『またお菓子作ってね』って
お願いしてみたら?」
と言っておきました。

2人で大騒ぎで汗だくになって遊んで、
○○ちゃんが帰るとき、
「○○ちゃんにお願いがあるんだよね」
と促すと、
「また、お菓子作ってね」と言えました。
「いいよ」って言ってくれました。
2人ともニコニコしてお話できました。

大事な大事なお友達。
同年代の子とのこうした関わりを少しずつさせていってあげたいなって
思いました。




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-14 21:19 | haruのこと

haruの「は」~!

少し前、haruに新たなパズルを買いました。

今回は、少しお勉強も兼ねて・・・?
50音が書いてあるパズルにしてみました。

c0109970_2032795.jpg
今まで持っていたパズルと比べると、
かなりピースの数が多いし、
同じような形のピースばかりで、
字の読めない子どもにはとても難しいとは思うのですが、
いつか興味を持ってもらえれば・・・
という親の勝手な願いをこめて。

早速毎日挑戦しているharuですが、
コツコツ派のharuもさすがに難しくてあきらめてしまいます。
結局私がやるはめに・・・。
でも、私がやるときに必ず隣に来て見ているので、
何気なく、
「これはharuの『は』だね、お花の絵が描いてあるよ。」
「これはきりんの『き』だね。」・・・
なんて、
絵を説明しながらやっていました。

haruは、その時は聞いているのか聞いていないのか・・・・という感じでしたが、
実は聞いているらしく、
c0109970_2093452.jpg今日、
「これはharuの『は』だよ。ママ知ってた?」
なんて、得意げに言ってました。

パズルも日に日に完成に近づいています。

子どもの吸収力ってすごいですね。
ビックリ。

3歳のこどもに強制で勉強させるのはイヤですが、
楽しみながら、自分の名前が読めるようになるといいなあ・・・って思っちゃいました。
親の欲ですね・・・いけません・・・(笑)




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-12 20:13 | haruのこと

離乳食

syuuとfuuの離乳食を2回食にしました。

syuuは、スプーンを口に近づけると、パカッと大きな口を開けて、
何でも食べてくれるし、あげればあげただけ食べてしまいそうな勢いなので、
心配なさそうです。

一方、fuuは、毎日抵抗しています。
何をあげても口に入れた瞬間すごい顔をして、
体をプルプルと震わせて、
時にはゴホゴホとむせてしまいます。
本人が食べるのが嫌だと言うよりも、
体が抵抗している感じ?
なので、未だに液体がメインです。

双子だからと言って、
何でも同じように進むわけがないけれど、
でも離乳食で食べるものが全く違うと、
用意するのもあげるのも大変です・・・。
まとめて作って冷凍してあるものを
解凍するだけとは言え・・・。
あげるのにも時間がかかるので、
一気に1日の時間が足りなくなってきました。
24時間ではやりたいことが出来ないですね。

まあ、とりあえず今は、fuuが楽しく食べられるように、
haruも巻き込んで、離乳食の時間を盛り上げまくってはいますが、
彼女もなかなか手ごわそうです。

さて、明日は何をあげてみようかなあ?




[PR]
by haru-syuu-fuu | 2007-06-11 20:38 | syuuとfuuのこと