2人の後姿がイイです


by haru-syuu-fuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

とりあえず

昨日、急におっぱいを飲まなくなったfuu。

昨夜は、結局起きるたびに普通におっぱいを飲んでくれて、
お腹が満たされるとすぐに寝てくれました。
ほんっとに良かった~!
昼間飲まなくてもなんとかなるけれど、
夜中に泣かれて、抱っこで寝かしつけるのはかなり大変なので。

fuuは1回泣き始めると抱っこしてもなかなか泣き止んでくれないし、
抱っこで寝るのもなかなかうまくいかないので、
夜中のおっぱいは大事な手段?なのです・・・。


そして今日。
昼間はやっぱり飲みませんでした。
でも、機嫌はすごく良かったので、
昼間は止めたのかな?と思うことにしました。
別にお腹が足りてるなら問題ないですものね。
離乳食で満たされてるってことかな・・・。

夜はどうでしょう・・・。
昨日のように飲んでくれればいいのですが。

母の心配は尽きません。




[PR]
# by haru-syuu-fuu | 2007-09-27 22:06 | syuuとfuuのこと

まさか・・・

今日の昼間、fuuが急におっぱいを飲まなくなりました・・・。
いつもは、眠くなったりお腹が空いたりすれば、
グズグズ言い始めて、
おっぱいをあげるとすごい勢いで飲んでいたのですが・・・。

何がきっかけなのかさっぱりわからないし、
おっぱいを飲まないからか、機嫌も悪いし、
1日なんだか大変でした。

夜は3~4回起きて、
そのたびにおっぱいを飲んでいるfuu。
もし、おっぱいを飲まなかったら
抱っこで寝かしつけるしか・・・。

まだ、おっぱいをやめるには少し早い気がするので、
せめて1歳過ぎまでは飲んで欲しいので、
なんとか飲ませたいのですが、
無理やり飲ませて飲むわけではありません。

とりあえず、
寝始める時は少し飲んで寝てくれたのですが、
今晩はどうなってしまうのかドキドキです。

そして、
飲んで欲しい飲んで欲しいと思っていたら、
私のおっぱいはパンパン。
気持ちが出るんだなあなんて感心しちゃいました。
syuuがいっぱい飲んでくれてますが、
それでも全然追いつきません・・・。



[PR]
# by haru-syuu-fuu | 2007-09-26 21:58 | syuuとfuuのこと

1年前① 涙の管理入院

1年前の今日、
私は妊娠32週目で管理入院に入りました。

ずっと順調にきていた双子の妊娠生活。
トラブルもなく、もしかしたらこのままずっと出産まで家にいられるのでは?なんて、
淡い期待も持っていました。

でも30週位の定期検診で
「順調そうだけど念のため・・・」と内診してくれたDrに、
「子宮口が開いてきているから、多胎妊娠を多く受け入れている
総合病院に転院した方がいいです。」
と言われてすごくショックを受けました。

そして総合病院で診察を受けたら、
その場で管理入院を強く勧められたのです。

一番考えなくてはいけないのは双子のこと。
このまま家に居たら、
早産になる可能性が高いこともわかっていました。
出来る限りお腹の中に居させてあげた方がいいことも当然理解していました。

でも、子宮口が開いているなんて、
何の自覚症状もないのです。
お腹の張りも少ないし、赤ちゃんもよく動いているし、
私の中では順調だったのに、
急に管理入院と言われても、
納得が出来ない自分がいました。


管理入院と言うことは、
haruを主人の実家の両親に預けなければいけないということ。
昼間はharuはパパもママもいない生活を2ヶ月近くしなければならないのです。
主人の実家は病院から30~40分の所にあるのですが、
haruにとってはどれほど遠かったでしょう。

私と離れたことがなかったharu。
まだ2歳ちょっとだったharuには本当に試練でした。

少しでもいつもの生活に近い生活ができるように、
おもちゃを全部運んで、
haruの生活リズムを全部書き出して・・・。
出来る限りの準備をしました。

そして、haruに話をして・・・。
haruなりに状況を一生懸命理解してくれていました。
haruは何も悪くないのに、
私のせいで・・・とすごく自分を責めました。

きっと、この管理入院は、
私たち家族が双子を迎える為の試練だったのでしょう。


管理入院の日。
家族3人で病院に行きました。
そして、「ママもいっしょにかえろ?」
と言うharuに、
帰れないんだよと話し、
泣きながら主人に連れられていく後姿に
号泣してしまいました。

この時はまだ、
管理入院のショックで、
前向きな気持ちになれず、
haruに対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。


・・・私の管理入院は、
こうして涙で始まったのです。




[PR]
# by haru-syuu-fuu | 2007-09-21 21:29 | ママのこと

打ち止め・・・?

子どもが3人いて、しかも男女の双子がいると言うと、
「じゃあもう子どもは打ち止めだね」
なんて言われます。

打ち止め・・・

確かに、3人いれば十分と言うか、
もういいかな・・・という気もします。

でも、正直、
産めるものなら何人でも産みたい!!!のです・・・。
自分に産むチャンスがあるなら。

経済的なこととか、
自分の年齢や体力的なこととか、
子供たちのお世話のこととか、
いろいろなことがあって、
さすがに4人目というのは、
考えてしまうとことなのですが、
でもでも、
子どもって本当にカワイイ!

だから産みたくなっちゃいます。

出産自体はものすご~く痛いけれど、
(産んだ瞬間忘れちゃいますが・・・フシギ!あんなに痛いのに!)
でも、
自分のお腹にもう1つの命があるっていうのを
また体験してみたい。
生まれたての赤ちゃんを抱っこするあの幸せを味わってみたい。
赤ちゃんの成長をもう1度見ていきたい。

よくテレビで見る大家族のお母さんも、
そんな気持ちなのかな~なんて・・・。

まだsyuuもfuuも赤ちゃんですが、
でも、だんだん「子ども」になってきました。


・・・楽しそうに3人で遊んでいる子供たちを見ながら、
いろいろ考えちゃいました。





[PR]
# by haru-syuu-fuu | 2007-09-19 21:39 | ママのこと

小さな喜び

まだまだ暑い日が続いていて、
秋はいつ来るの?と思ってしまいますが、
我が家の庭の花たちは、夏の花が姿を消し始めました。

色のない、寂しい庭になってきてしまったので、
焦ってガーデニングを始めました。
でも、まだまだ暑いので、
園芸店に行っても秋冬の花は少なめ。
しかも、我が家は長持ちする花しか買わないので、
次から次に花が咲くようなものはまだ出てきていません。

c0109970_21355782.jpg
そこで、先日、
今年の春、採取しておいたビオラの種をまいてみました。
ビオラは毎年植えていますが、
種を取ったのは今年が始めて。
1ミリ位しかない小さな小さな種をまいて、
日があまり当たらない、涼しいところで管理しています。

c0109970_21361649.jpg
そして今日。
ビオラが発芽!
ちっちゃなちっちゃな葉っぱです。
(見えないですねえ・・・)

花の芽が出る。
たったそれだけのことですが、
結構うれしいものです。

ふだんは、子供たちの成長を喜びに生きている私ですが、
その世界とは少し違う世界の喜びです。

夜、帰ってきた主人に、
「ビオラの芽が出たんだ~!」とテンション高めに言ってみました。
が、主人の反応は・・・・
「ふ~ん・・・」
・・・そんなものですよね。
興味ないみたいです。

いいんだも~ん。





[PR]
# by haru-syuu-fuu | 2007-09-18 21:34 | ママのこと